なぜか親知らずを抜く事になりました

親知らずの横の歯に小さな虫歯がありました。忙しいのを理由に先延ばしにしてしました。それでもさすがにほって置くとと痛くなるので意を決した行く事にしました。
ドキドキしながら順番をまち診察台へ登りました。

小さな虫歯がありますね。少しだけけずります。痛かったら右手上げてください。と言われ治療スタートです。
なぜか痛みはどんどんひどくなり、限界だったので手をあげました。すると、もうすぐ終わります。と言われ治療は止まることはありませんでした。
なぜこんなに痛みがでるの?と不思議に思っていると、親知らずのにも小さな虫歯があったので削りました。と言われました。

削った後に言うの?と思いながらも何も言えずその日は痛み止めをもらい帰りました。痛み止めはほとんど効かずご飯も食べれないし、寝る事も出来ませんでした。
次の日にも痛みはひどくなる一方でした。

一週間後にまた、行くとまた削られました。何でそんなに削るんだろ。と、思いつつもまた何も言えませんでした。その頃になるともう、ご飯も食べれず、夜も寝る事が出来なになってきました。もう耐えららなくなり、ちがう歯医者に行く事にしました。

今までの治療の内容などを話すと、なぜ違う歯が3本も削られているのかなど、よくわからない。と言われました。私が一番わかりません。痛みの原因を見てもらい、レントゲンなどをとりました。そして、炎症が親知らずの骨にまで行っている事がわかりました。そしてその炎症が酷いためにここでは抜歯できません。と言われました。なので総合病院の口腔外科へいき抜歯する事になりました。

その日まで痛みで寝る事も出来なかったのですが、その日からどんどん痛みが引いていきました。抜歯をした日にご飯も食べれて、寝る事も出来ました。昨日までの痛みが嘘のようでした。早く他の歯医者で診て貰えば良かったと後悔しています。
看護師 求人 登戸で働いている義姉にもセカンドオピニオンを受ければよかったのにと同情されてしまいました。本当にセカンドオピニオンというものの大切さを身をもって知りました